2013年07月31日

麩の煮物、おいしい!!

kinaにとって、一番消費日数が早い乾物は「麩」です。消費量は別として。
なんせ…そのまま食べてもおいしいのでついつい…(^-^;



筑前煮を作るついでに、本でやっていた「麩の煮物」というのが作りたくてやってみました。
とは言っても、筑前煮を作った煮汁を再度加熱して水で戻した麩をぶちこんで煮ただけ(^-^;
簡単に言うと煮汁の再利用…(ぉぃ)。

…でもこれがまたおいしくて。
煮汁をたっぷり含んだ柔らかい麩がおいしい!!
前にも同じような煮物を作ったのですが、その時は麩を戻していなかったですね、そういや。

これに味を占めたkinaは「今度、また煮物を作ったら麩を入れて…」なんて考えています(*^m^*)
高野豆腐で同じように作っていたのですが、煮汁の心配をしなきゃいけない高野豆腐がちょっとかすんでいるかも。

次ももちろん麩は水に戻してから使いますが…問題はそれまで今使っている麩が使っていなくても残っているかどうかです(ぉぃ)。
posted by kina at 14:54| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年07月30日

このお鍋でも保温調理

保温調理は厚手の鍋だとどれでもOK。
土鍋でも鉄鍋でもできますが…野菜等のおいしさを残した無水調理もできるといえばこのお鍋だと思います。



ジオ 片手鍋20cm GEO-20N

無水調理をしたブロッコリーやアスパラはとっても甘くて、このお鍋を使って作ったお味噌汁も野菜の旨味たっぷり♪
そして、熱効率が非常に高いのでガス代の節約にもなります。

夏場は、乾麺を茹でる時にも大活躍。ガス代をかけないで茹でる方法があるんですよ(*^m^*)
夏のエコのためにも、この無水調理ができるジオプロダクトはお勧めです。
posted by kina at 15:37| Comment(0) | 調理器具

2013年07月23日

米粉のメリット

小麦粉の高騰も影響しているのか?!米粉の需要が伸びているみたいですね。
「米粉」とは、文字通り米(正確にはうるち米だと思いますが)を粉にしたもので、パンとかにするともっちりな食感が楽しめます♪

…で、米粉って密かに、思いもかけないところでお役立ちな食材だったりするみたいです。


小麦粉アレルギーの人に


言われてみたら、小麦粉でアレルギーを起こす人でもお米が大丈夫なら、米粉でアレルギーが起きるわけがないんですよね(^-^;
そのため、米粉で作ったお菓子がアレルギーの方に評価されているみたいです。





kinaが小さいころはアレルギーの子は結構な我慢を強いられていたんですが…よい時代になったなぁと思います。


もちろん、アレルギーなんかないのが一番ですけどね。
posted by kina at 10:06| Comment(0) | 粗食についてのあれこれ

2013年07月18日

保温調理

今日の北海道はそうでもありませんが、本州の方なら連日猛暑が続いて大変だと思います。
そういう時は、あまり料理に時間もかけたくないですよねぇ?

kinaは結構煮物を作りますが、大抵はいつも使っている鉄鍋の余熱を利用した保温調理です。
沸騰したら少し煮込んでから蓋して火を止めて、後はそのまま置いておく(^-^;
そうしたら余熱で、勝手に(ぉぃ)いい感じになってます。
逆にずっと火をつけて煮込んでいる方がびっくりです。
煮物って、冷める時に味がしみこんでいきますから、ずっと火をつけて煮込むなんて、ガス代もったいないわ料理はおいしくなくなるわ暑いわ…。

kinaは鉄分補給も兼ねて鉄鍋を使ってますが、厚手の無水鍋なんかでも保温調理はできますし、魔法瓶でおなじみのサーモスでは、魔法瓶の原理を利用した画期的な?!保温調理鍋を作ってます。



保温調理ってかなり便利な料理法です(*^m^*)
kinaが炒め物より煮物が得意なのは保温調理を利用しているからと言っても過言ではないくらい。

確かにこのお鍋は比較的高いと思いますが、保温調理をしない場合のガス代を考えたら…元はとれると思いますよ(*^m^*)
posted by kina at 15:54| Comment(0) | 調理器具

2013年07月17日

湯葉を手に入れるには?!

乾物の本を見てから、湯葉というものに興味を持っているkina。
…実は食べた記憶がなく(^-^;
ゆばを探しているのですが、なかなか見つかりません。
大きめのスーパーも見たはずだけど置いてなくて…。

この間札幌に行く用事があったので、駅に近い乾物が揃っているお店で探してみたんですが…なかった(/_;)

もちろん、楽天やAmazonに売ってるのは知ってるけど…送料がお高いのです。
ゆばより高い送料がかかるって…ねぇ。
「乾物」じゃない湯葉ならたくさんあるんですが、kinaがほしいのは保存のできる乾物の湯葉。
何せ初めて使うので、たくさん買っても食べられなかったらもったいないし。

 【オーサワ】比叡ゆば「徳用ゆば」(60g)

 【オーサワ】比叡ゆば「徳用ゆば」(60g)
価格:550円(税込、送料別)




…いつかゆばしめじ作ってやる〜!!
posted by kina at 19:53| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年07月11日

乾物があれば何ができる?

食材を買うのを忘れてしまって、家の中に食べるものがほとんどなくなったことがあります。
買いにいったり、食べに行くこともできなくて…どうしようかと思っていました。

とりあえずお米をうるかして(水につけて)…。
わかめご飯の素があったので、それをご飯にかけたらこれで一品。
海苔もあったのでこれも食べるっと。
…でも、もうちょっとおかずがほしいと思って見つけたのが切り干し大根。
水につけとく。
干し椎茸と昆布もあったのでこれを水に入れてだしをとっている間に、残っていた人参を切る。

ご飯を火から下ろして蒸らしている間に人参と切り干し大根を炒めて、だしをいれて、干し椎茸と昆布は細かく千切りにして切り干しの具にする。
味付けして…ご飯を蒸らしている時間の中でさくっと切り干し大根完成(^-^;
海苔とわかめご飯と一緒においしくいただきました♪

家の中に乾物がいくつかあるだけで、こんなにも簡単においしい料理ができることに改めてびっくりしました。
肉や魚がないとおいしい料理ができない!!…わけでもないんだなぁ…って。
むしろ、肉や魚をメインで食べるより満足する料理でした(^-^;

つくづく、家の中に乾物をいくつか用意しておくことの大切さを感じたような気がします。
昆布やわかめ、干し椎茸や海苔、切り干し大根や麩や高野豆腐程度でも。


もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170

乾物の料理に関してはこの本がとても役に立ちます。
古い本ですが、kinaのお気に入り♪
タグ:和食 粗食 乾物
posted by kina at 14:39| Comment(0) | 粗食についてのあれこれ

2013年07月10日

だしの素と浅漬けの素は?

kinaは大抵昆布は常備しています。
基本的には道南産の昆布を使います。
地味に、ここが一番高級らしいから(ぉぃ)。



ある程度カットしていて、使う時にさらに細かくします。
お味噌汁のだしにぽいっ、めんつゆにぽいっ、煮物にぽいっ。
これだけで料理はかなりおいしくなるし、昆布の栄養も摂取できるし、具にもなる(*^m^*)

kinaはカブの浅漬けも大好きなのですが、浅漬けを作る時にも昆布を細かく切ってぽいっ。
そうすると、使う塩をほんの少し減らせるし、昆布のだしの力で浅漬けもおいしくなるし…。

昆布があると、料理がホントおいしくなるので嬉しいですね(*^m^*)
posted by kina at 10:48| Comment(0) | だし