2014年03月27日

広岡管理野球と粗食

「ここは粗食でうれしいさしすせそなのに、なんで広岡管理野球の話?!」と思った方もいると思うんですが。
最近の報道で元野球選手の清原さんの血糖値が900もあった、なんて話がありますよね。
清原の全盛期、そして清原が事故の後遺症と闘っている先輩を桑田と支援していたのを知ってるkinaとしては、実はこの話は泣きたくなるくらい辛い話だったりします。

清原がプロ入りしたころの西武と言えば、パリーグの覇者であり「王者」とも言えるチームでした。
その黄金時代を支えていたのは森監督だったんですが、その前任者でチームを上昇気流に乗り上げさせた広岡監督は「広岡管理野球」というのを標榜して、食生活まで徹底的に管理していたんですって。

その主なメニューが…(ここでやっと「粗食」が出てくる(^-^;)玄米と豆類、野菜を中心とした食事だったと言われています。
もろ「粗食」ってやつですね。
この食生活には選手は相当閉口したらしいです(^-^;
選手は若いし、お肉系大好きだしね。

でも、広岡さんの提唱した食生活を長年続けていたのが工藤公康さんで、ご存知の通り彼は勝ち星をたくさんあげて、たくさんの球団を優勝に導いてきました。
何かの本で見たんですけど「広岡さんの提唱する食事って、やっぱり疲れが残らない」って見た記憶があります。

そして、清原の今の状況と食生活が報道されて、思わずkinaが考えたのが「…広岡さんの言ってたこと、少なくとも食生活は間違ってなかったんだな」ってことでした…。
清原の今後もだいたい予想できるので辛くなるのですが、広岡さんに「それ見たことか」って言われる清原の気持ちを思うと辛いです…。

清原が何とか元気で長生きして…いつまでも輝いていてほしいと思うファンのひとりごとです。
posted by kina at 09:43| Comment(0) | 粗食についてのあれこれ

2014年03月26日

ふきのとう味噌

北海道でも、雪の解けたところではふきのとうが顔を出してますので、みなさんの住む地域だったらとっくにふきのとうは見つけていると思います(^-^;
kina、ふきのとう大好き♪
天ぷらはもちろん、ふきのとうの味噌も自分で作って食べてますよ(*^m^*)。



独特の苦さがたまらないんですよね♪
そして、ふきのとうは春のごく最初だけ楽しめる山菜で、時期が過ぎたら蕗の葉っぱになってしまいます。
つまり、ふきのとうの天ぷらを楽しめるのはほんの少しの間だけで…。

その時期にふきのとうの天ぷらを味わいながら食べるって、かなりぜいたくなお話だと思うんです。

ふきのとうの味噌は保存がわりとききますけどね。

ふきのとうの味は好みがありますが、この時期にしか味わえないおいしさを堪能してほしいと思います♪
posted by kina at 10:32| Comment(0) | 究極のゼイタク

2014年03月18日

みりんは良いモノを…

この間、某スーパーでとても安いみりん風調味料が売ってあったので「どんなもんかな?」と思ってお買い上げしたkina。
早速自作なめたけを作って、その中に「みりん風調味料」を入れてみたのですが…。

まずっ(-_-#)。

いつものなめたけよりえぐみが強いんですよ。
自作なめたけは大好物なんですが「これ、最後まで食べられるかな?」と何となく心配になってしまいました(^-^;
やっぱり、小林カツ代さんの言う通り「みりん風は避ける」って本当だったんだな…と思わず反省です。

「みりんはケチらず、良いモノを使いましょう」というお話でした(^-^;



さて、あのみりんはどうやって使い切ろうか…やっぱりここは大人しく「和風ミートソース」で地道に減らすしかないかと(^-^;
posted by kina at 17:21| Comment(0) | 砂糖・お酒

2014年03月13日

麦茶

「粗食のすすめ」の幕内秀夫さんは飲み物として番茶(ほうじ茶)や麦茶をお勧めしています。
詳しくは本を読んでください(^-^;



kinaはカフェインが苦手なので、ほうじ茶よりは麦茶に手が伸びる…と。

麦茶は大抵夏に飲むイメージが強いですが、それは「麦茶にカラダを冷やす効果があるから」なんです。
「夏に麦茶」って、自然の知恵だったんですね。

確かに夏に飲む麦茶はおいしいのですが…kinaは温かくして飲む冬の麦茶が結構好きなんです(*^m^*)。
ルイボスティーも好きなんですが、ルイボスティーは冷たくないとおいしくない気がして。
麦茶は温かくても冷たくてもおいしいんですが。
温かい麦茶、秘かに試してみようかな?なんて思ってたりして。

なお、夏に飲む麦茶も水から出すのではなく、きちんと熱湯から出して冷ました方が香りと味はずっとおいしいです。
こういうのに手抜きはダメですね(^-^;



posted by kina at 10:06| Comment(0) | 粗食についてのあれこれ

2014年03月12日

日本の良い包丁を、ご家庭で♪

kinaはこう見えても包丁を研ぐのって好きなんです♪
料理を作るに当たって「切れない包丁」って結構やる気を削ぐものです…それ以前に危ないですしね。
良く言われていることではありますが、切れない包丁はつい力を入れて切ろうとするので、万が一指を切った場合に深くなりやすいんですよね。
だから、包丁は良く切れるものの方が良いのです。
包丁が良く切れると、料理作りもはかどるので楽しくなっちゃいますし…野菜の千切りとかお刺身の場合、包丁が切れるか切れないかで見栄えも味も微妙に違ってきますしね(^-^;



プロが使っている和包丁を、包丁の本場、堺からお届けしているサイトです。
包丁だけでなく砥石も売っているそうで…kina的に砥石はほしいな(ぉぃ)。

日本の和包丁って、日本刀の流れから来ているんですよ♪
日本刀が良く作られた場所が、そのまま包丁の産地になっているそうです。
伝統のある包丁で、おいしく楽しく料理を作ってみませんか?
posted by kina at 13:53| Comment(0) | 調理器具

2014年03月11日

雑穀をおいしくいただく

普通に売ってる雑穀に赤米や黒米、ひえ、あわ、きびが入っているのはいいのですが、いつも「それはどうよ?」と思うのは、「16種類の雑穀が入ってます」とかいって、緑豆とかとうもろこしが入っている雑穀があること。

果たして緑豆とかとうもろこしって雑穀になるのか?とか「明らかに緑豆なんて輸入もんじゃん」と思っちゃうんですよね。
もともと、お米が十分に採れなかったから雑穀を入れて量を増やしていたのに、輸入物に頼るなんて…と思っちゃいます。
やっぱり、お米も雑穀もついでに土鍋も国産のものがいい。

とは言っても、kinaと同じことを考えている人は何人かいるようで、国産の雑穀のみをブレンドした商品もちゃんとあります♪



この商品は一度食べたことがあります。
ご飯の赤味が強いんですが、普通においしく食べられますよ♪

ちなみに、日本で雑穀が多く生産されているのが岩手県。
生産地は内陸なので東日本大震災の津波の影響はそれほどではないと思いますが…雑穀を食べることで、岩手の応援につながったらいいなぁ…なんて思ってしまうkinaだったりします。
posted by kina at 15:04| Comment(0) | 雑穀いろいろ