2015年02月19日

乾麺は常備するもの

北海道に住んでるkinaはお店まで行くとなると車が必要で、冬にたまに雪かきを怠ると、車が出せない…なんてことが本当にありますσ(^_^;
車が出せないけど食べるものが家にない時に活躍するのが乾麺。
kinaは基本的にうどんを用意しておくことが多いです。



お蕎麦は本当においしいつゆがないとおいしく食べられないし、生のそば粉を使ったそばにはどうしても見劣りがしますが、うどんならそれほど気を使わなくてもおいしく食べられるから…と言ったら、きっと怒られてしまいますね。
kinaはうどんのつゆにたくさんの具材を入れて、ご飯の時のおつゆ代わりとしても飲めるくらいにしていることが多いので、そうなるとうどんが一番食べやすいんですよ。
火の通りを考えると、蕎麦やそうめんの方が良いんですけどね。

もうそろそろ雪も溶けて、「外に出るのにまず雪かきを〜」ということはなくなりますが、乾麺と麺つゆを用意しておくと、何かと便利です。
お子さんのいる家庭なら、急に買い物に出れなくなることもあるでしょうし…。
posted by kina at 09:49| Comment(0) | 麺類

2015年02月10日

魚をおいしく食べる

冬はお鍋がおいしくなります。
今が旬なお魚もたくさんありますね。
北海道で育ったkinaなら、すけそうだらのみそ汁が最高♪
すけそうだらのみそ汁は、北海道で採れる素材がないと味がびしっと決まらない…と父親がいつも言ってます。
kinaはあまり好きじゃないですが、ゴッコ汁もこの時期ならではの味です。



冬に身体を温める鍋を食べる…というのは、日本人の知恵だと思うkina。
今の時期だからこそおいしい魚介類を使ったお鍋で、身も心も温まってくださいね。
タグ: 魚介
posted by kina at 15:50| Comment(0) | 究極のゼイタク

2015年02月03日

だしをとった昆布の活用法

だしを取った後の昆布は、薄い物ならそのまま具材として食べてしまってたkinaσ(^_^;
今回買ってきたのは道南の、肉厚な物なのでそのまま食べるにはちょっと…と思ったら、そういえば昔は昆布の佃煮にしてたよな〜とひらめきました。



北海道の道南で採れる昆布は最高級品とも言われており、捨てるのはもったいない…というわけで、しっかりだしを取った後まで再利用させていただいております(*^m^*)。
少しくらい高くても良い昆布を選んだ方が、食べるところまで使うからコスト的には安くなるように思います。
kinaが見た本の中では「醤油と酢で薄味にする」とのことでしたが、普通は醤油とみりんかお酒で甘味をつけた方が良いでしょうね。
薄く、適度に甘く煮付けた昆布の佃煮っておいしくて、手が止まらないんですよね…なぜか。
「それは昆布の栄養を身体がほしがっている」と聞いたことがありますが、どうなんでしょうね。

あ、だしとして何を使うかって?

…昆布から出てくるだしで十分おいしく食べられます♪
posted by kina at 11:01| Comment(0) | だし