2015年01月13日

魚の卵を贅沢に食べる(^-^;

「ぜいたくな魚の卵」といえば…キャビアでしょうか。
kinaのぱぱ様は若かりし時にアラスカでキャビアを食べたそうです。
感想を聞いてみたところ「ん?キャビア?おらはそれより母さんが作ったいくらの方がうめじゃ(お母さんが作ったいくらのしょうゆ漬けの方がおいしい)」とのことでしたσ(^_^;



確かに新鮮ないくらをばらして醤油に漬けたもののおいしさといったらもう…。
ぱぱ様の食いっぷりに、小さい頃においしくないいくらを食べて、それからいくらが嫌いになったkinaは思わずぱぱ様にいくらを譲ってしまいます(^-^;

ぱぱ様、炊きたてのご飯(お鍋で炊いたご飯)にいくらをどっさりのせて「いくら丼」と言いつつ食べてますから…。

kinaはいくらよりはとびっこ(エビの卵)か数の子(にしんの卵)の方が好きです(*^m^*)。
あのプチプチ感が何とも言えません♪
今でもお寿司屋さんに行ったら、いくらではなくてとびっこを真っ先に選びます。

…と、kinaが住んでる北海道は小樽市に、お寿司バイキングをやってるホテルがあるんですよ。
そこで安いお値段でお寿司がたらふく食べられるので、お寿司が食べたくなったらそこで食べるんです。
お寿司ではマグロよりサーモンの方を選ぶことが多いのに、いくらが苦手ってどうなんでしょうねσ(^_^;

お寿司で食べる「卵」はとびっこも良いですが、「卵焼き」も捨てがたいと思うkinaだったりします。
こんなことを書いてたら、お寿司が食べたくなってきた…。
【究極のゼイタクの最新記事】
posted by kina at 19:56| Comment(0) | 究極のゼイタク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。