2015年03月27日

スープカレーの必需品は…

この間、スープカレーをごちそうになりました(*^m^*)。
おいしかったので簡単に作り方を教えてもらって、kinaも作りました。
要はコンソメスープにカレー粉を入れるという感じ。

普段はコンソメなんぞ全く使わないkinaがスープカレーのためだけにコンソメを買ってきて、早速挑戦。
できたものを食べてみたら…う〜ん、何かイマイチ。

どうもコンソメが問題な気がする…。

そこでkinaはとても重大なことに気づきました。
「何も、そもそも昆布と骨付きの鶏肉を入れてるんだから、別にあえてコンソメでだしをとらなくてもいいじゃん」と(ぉぃ)。



やっぱりkinaにはコンソメのスープではなく、昆布と鶏の骨付き肉からだしをとり、レンズ豆のほのかな甘さが加わったスープカレーの方が合っているようですσ(^_^;
となれば…月曜日あたりにリベンジでもう一度スープカレーを作りそうで怖かったりします。

なお、kinaは元々コンソメスープが苦手なのでこういう事態になったのであって、最初からコンソメスープが好きな方なら、kinaの作り方でも十分おいしいスープカレーが楽しめると思います。
posted by kina at 10:23| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年09月16日

干し椎茸

kinaの本業は占い師だったりするのですが、そこで一度「○年は国産の野菜を選ぶ傾向が強くなります」なんてことを書いたことがありました。
ええ、その年に中国の野菜の問題が発生しましてね…びっくり(・・;

さて、普段は値段で選んでしまう中国産の干し椎茸でしたが、そのことが起きてからは極力国産の乾物を使おうと思ってます。
お財布には痛いんですけど、中国産鶏肉問題を見せつけられたからにはね…。



お正月には実家で煮しめを作るのが定番で、その時には必ず干し椎茸を入れるのですが、今年はこういう干し椎茸を事前に調達して、かーちゃんに渡そうかと思ってます。
日本の干し椎茸の需要が高くなれば…農家でも供給を考えますからね。

それにしても、どうして日本では食の安全のことを語ると、経済の話をしなけりゃならないんだろう?
posted by kina at 18:03| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年06月02日

国産わかめをおいしく食べよう。

友人から「中国産の食品はやばいよ…」と話を聞き、さらには中国産の食品に関する動画も見て「…やっぱりkinaは国産のわかめを食べる」と改めて決意した今日このごろ。
中国産のわかめは確かに安いけど、それと大切なものを引き換えにしちゃあいけないと思う。

国産の「かっとわかめ」となると高いのですが、調べてみたら…塩蔵わかめなら結構お手ごろに買えると気づき、購入。



カットわかめより塩蔵わかめの方が歯ごたえがしっかりしていて、おいしいと思います。

わかめがあると、お味噌汁にも良し、うどんに良し、酢の物やサラダにもつかえるので、普段の食事作りがずっと楽になります(というか、普段どんだけわかめに頼ってるんだよ、というツッコミが…)。
おいしい国産のわかめを食べて、毎日を元気で過ごしたいものですね♪
posted by kina at 10:12| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年04月10日

豆を食べよう

「豆を食べる」というのは、ただ単に栄養学的問題ではなく、今後は環境保護とかエコにもつながっていくことになると思います。
豆の主な栄養はご存知の通りタンパク質です。
タンパク質の主な供給源は魚とお肉になりますが、お肉はタンパク質の供給源としては効率があまり良くないのです。
一番効率が悪い牛肉は、肉を1kg生み出すのに13kgの穀物が必要になります。
豚肉で5〜6kg、鶏肉でも2kg。

…これだけの穀物を消費するなら、その穀物を人間同士で分かち合おうよ!!…という考えで牛肉を控えている人もいます。
牛肉から摂取するタンパク質の半分を大豆製品から摂取したとしても…かなりの量の穀物がニンゲンで分配することができる、と。



栄養だ、健康に良いから…なんてことを言わなくても、今の地球環境のことを考えたら…大豆をまめに食べたくなるかと(^-^;
「大豆=煮豆」と考えなくても、カレーライスに入れたり(インドでは豆のカレーがありますし)、豆腐や納豆でちまちま豆の摂取量を増やす、というのもありかと思います。

肉を食べるな!!と言ってるわけではありませんが、肉を少し減らすことで、今も地球上のどこかで起きてる飢餓が減ると…ちょっと嬉しいですよね。
posted by kina at 12:05| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年02月23日

三陸産のわかめをおいしく食べるには

わかめがあればホントに助かります。
お味噌汁によし、うどんに入れてもいいし、酢の物にも良いし…何も食材がない時の救世主(ぉぃ)。
しかもカラダに良い、と食べ過ぎなければいいことずくめ。

いろいろなわかめを食べてみて「わかめはやっぱり三陸産が一番!!」と思うkina。
…昆布はもちろん北海道の尾札部昆布が最高ですけどね。
鳴門のわかめはkinaには柔らかすぎるし、中国のわかめは固いし安全面で相当不安があるし、韓国のわかめは心情的に食指が伸びないし…。
東日本大震災の後で三陸産のカットわかめがなくなった時は、こちらも辛かったです…。

今も「三陸産のカットわかめ、あんまり売ってないな〜。売っててもちょっと高いんだけど…。」と思っていたんですが、kinaはどうやら見るところを間違えていたようで。
「塩わかめ」であれば、冷蔵庫に入れて保存もできて、お値段もお手ごろなことに気づきました。
カットわかめと違って、味噌汁やうどんに直接投入はできませんが、それでもおいしいわかめがいろいろ使い回せるので大助かり(/_;)。

…通販で買おうとしたら、やっぱりカットわかめがメインになりますけどね。



posted by kina at 19:40| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年01月24日

きくらげ



kina、割ときくらげ好きです。
あのこりこりした歯触りが良いですねo(^-^)o

使い方としては…ラーメンや炒め物はもちろん、うどんやカレーに入れてもおいしいですし、kinaは自分でなめたけの作り方は知ってるんですが、その作り方は少し味が濃いので、必ずと言ってよいくらいきくらげを入れてます。
某北海道のきの○王国のなめたけを意識しつつ(^-^;
えのきのぬるっとした感触と、きくらげのこりこりした感触がおいしいです。
kinaは白きくらげはあんまり好きじゃないですが、白いきくらげならデザートとしてもいけてしまうらしいし。
本当は白いきくらげの方が高級らしいのですが…煮込むととろとろになるのがちょっとねぇ(^-^;

きくらげって中国産しかない思ってましたが…国産のもあったのは知らなかった。
日本のきくらげも試してみたいものです。
posted by kina at 09:00| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2014年01月04日

三陸産のわかめは最高♪

かなり更新をさぼってましたが明けましておめでとうございます(ぉぃ)。
今年も「粗食でうれしいさしすせそ」をよろしくお願いします。

ずっと「三陸産のカットわかめ、三陸産のカットわかめ」とお念仏のようにつぶやきながら探しているんですが…意外と見つからない(/_;)。
「素直に楽天で買おうぜ」とも思うのですが、やっぱり地元にお金は落としたいし、でも北海道産以外なら他のわかめもちょっとな…と思っていたら、見つけました。

塩わかめで(^-^;

見るコーナーを間違ってたな。



塩わかめは賞味期限が割と短いですが、kinaだったらそれまでの間にきちんと消費してしまえますもの(*^m^*)。
もちろん、カットわかめと違って戻す手間ひまはかかってしまいますが…その分おいしいわかめの歯触りや香りが楽しめます。

カットわかめだけじゃなくて、塩わかめもこれからは探していくことにします。
posted by kina at 09:47| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年09月16日

湯葉を使ってみました!!

この間、スーパーでやっと湯葉を見つけて、作ってみました湯葉しめじ。

…実は、やっぱりkinaの舌には合わず…(^-^;
楽しみにしていましたが、湯葉しめじを作ることはもうないと思いました。

普通の豆腐の方がいいな。

やっぱりkinaの相棒は高野豆腐とか麩とかになるんだろうなと思った今日このごろです。



ちょっとした工夫でおいしく食べられる乾物は…やっぱり助かります(*^m^*)
posted by kina at 15:12| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年09月04日

ずいき



ずいき(芋がら)のお味噌汁ってコクがあっておいしい…と本で見て、ちょっと試したいと思ってるkinaです(^-^;
ずいきは、湯葉よりは手に入りやすいのもわかってるし。

まぁ「ずいき」と聞くとどうしても加藤清正を思い浮かべるkinaもどうかと思うんですがね(^-^;
保存については他の乾物よりずば抜けているように思います。
それこそ加藤清正が畳の中にずいきを埋め込みまくって、いざという時の兵糧食にしようとしていたくらいですからね…。
栄養的にもばっちりですしね。

今度、ずいきのお味噌汁を作って食べてみたら…ここでも感想をお伝えしたいと思ってます(^_')b
posted by kina at 16:57| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年08月08日

ちょっと意外な麩の利用法

最近麩のおいしさに目覚めてしまったkina(^-^;



麩の使い方には、比較的メジャーですがこんなのもあります。
炒め物に。

野菜炒めなどで水気が出てしまってどうしようもなくなった時に大活躍(^-^;
砕いて(あるいはそのままでも)炒め物の中に投入すると…麩が水分を見る見るうちにすいとってくれます♪
そのまま入れても、結構お肉の代わりとしておいしく食べられますよ(*^m^*)

炒め物が苦手な方、麩をうまくごまかせるようであればぜひチャレンジしてみませう。
posted by kina at 17:03| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年08月02日

やってみました、ずりあげうどん

この本を読んでからやってみたかった「ずりあげうどん」。


もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170

本の中身とは違いますが、とりあえず家の中にあった乾物でやってみました。
買い物に行けなかったので「逆にちゃーんす!!」ってなわけで(^-^;
使ったのはわかめと昆布、キクラゲ、のり、麩(←ないとは言いつつ、これくらい乾物があるのもどうかと)。
卵があったので卵も入れて、kinaは全部めんつゆで煮込みました。

これがまた、結構おいしい(*^m^*)
シンプルだけど奥深い味で、確かに「ごちそう」とは違うけど、それとは別次元のおいしさです。
ごちそうではないけど、おいしい。
次の日も汁を楽しめましたよ♪

次は高野豆腐と切り干し大根も用意して「ずりあげうどん」を楽しみたいです。
posted by kina at 09:21| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年07月31日

麩の煮物、おいしい!!

kinaにとって、一番消費日数が早い乾物は「麩」です。消費量は別として。
なんせ…そのまま食べてもおいしいのでついつい…(^-^;



筑前煮を作るついでに、本でやっていた「麩の煮物」というのが作りたくてやってみました。
とは言っても、筑前煮を作った煮汁を再度加熱して水で戻した麩をぶちこんで煮ただけ(^-^;
簡単に言うと煮汁の再利用…(ぉぃ)。

…でもこれがまたおいしくて。
煮汁をたっぷり含んだ柔らかい麩がおいしい!!
前にも同じような煮物を作ったのですが、その時は麩を戻していなかったですね、そういや。

これに味を占めたkinaは「今度、また煮物を作ったら麩を入れて…」なんて考えています(*^m^*)
高野豆腐で同じように作っていたのですが、煮汁の心配をしなきゃいけない高野豆腐がちょっとかすんでいるかも。

次ももちろん麩は水に戻してから使いますが…問題はそれまで今使っている麩が使っていなくても残っているかどうかです(ぉぃ)。
posted by kina at 14:54| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年07月17日

湯葉を手に入れるには?!

乾物の本を見てから、湯葉というものに興味を持っているkina。
…実は食べた記憶がなく(^-^;
ゆばを探しているのですが、なかなか見つかりません。
大きめのスーパーも見たはずだけど置いてなくて…。

この間札幌に行く用事があったので、駅に近い乾物が揃っているお店で探してみたんですが…なかった(/_;)

もちろん、楽天やAmazonに売ってるのは知ってるけど…送料がお高いのです。
ゆばより高い送料がかかるって…ねぇ。
「乾物」じゃない湯葉ならたくさんあるんですが、kinaがほしいのは保存のできる乾物の湯葉。
何せ初めて使うので、たくさん買っても食べられなかったらもったいないし。

 【オーサワ】比叡ゆば「徳用ゆば」(60g)

 【オーサワ】比叡ゆば「徳用ゆば」(60g)
価格:550円(税込、送料別)




…いつかゆばしめじ作ってやる〜!!
posted by kina at 19:53| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年07月07日

切り干し大根



切り干し大根も、持っておくと助かる乾物ですよね。
戻したら煮物にしても良いし、味噌汁にも良いし、漬け物にもなるし…。
kinaはもっぱら煮物派で、昆布と椎茸は大抵常備してますから、それさえあれば煮物はすぐにできる(*^m^*)
昆布と椎茸でだしを取るんですが、だしを取った後の昆布はごく細い千切りにして、椎茸も千切りにして…切り干し大根と一緒に具として煮込みます。
こうしたらゴミもほとんどでないし、具も増えるしおいしいし。
人参と油揚げが入っていたら上等じゃないですか♪

手元にあるもので栄養がある、簡単においしい煮物ができちゃうのは切り干し大根の強みです。
簡単に使えるので、一度使ってみても悪くないと思いますよ(^_')b
posted by kina at 21:12| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年05月04日

作ってみましたふきのとう味噌♪

この春は忙しくて山菜を採る暇もないkinaとkinaまま。
でも食べたいものは食べた〜い!!

…というわけで、ふきのとうを取ってきて作ってみました「ふきのとう味噌」♪

スーパーのレジ袋半量ほどのふきのとうが…保存容器ひとつ分くらいに減ってしまいましたが(/_;)
おいしいふきのとう味噌ができたと思います。

ふきのとう味噌は冷凍保存もできるので、おかずが無い時には大助かりです。
砂糖の甘さと味噌のしょっぱさの後に…ふきのとうの独特のほろ苦さがたまりません。
こつは、油と砂糖を多く使うことで、ふきのとうの中にある灰汁を出すこと。
そうしたら、適度にほろ苦いふきのとう味噌ができると思います(*^m^*)

…これを実家に持って帰ったら…まず間違いなくkinaの食べる分が無くなります。
どうしよう?

明日の朝、またふきのとうを採ってくるか…(^-^;


ふきのとう味噌の保存はジップロックやジップロックコンテナ形式のものがお勧めだと思います。
このまま食卓に出してもいいしね♪

posted by kina at 18:58| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年04月25日

ふきのとう味噌

今年は無理かもしれないけど、この時期に食べたくなるものは…ふきのとうの天ぷらと味噌ですo(^-^)o
ふきのとうの天ぷらは、舞茸とウドと並んで、超美味な天ぷらだと思っております(*^m^*)
たらの芽やエビも良いけど…やっぱり舞茸とウドとふきのとうが最強だな。

ふきのとう味噌は、kinaは結構自作します。
作り方もそんなに難しいわけでもないし。
こつは、あくぬきをしっかりすること。



都会に住んでる人なんかは、こういうのを使っても良いと思います♪
独特のほろ苦さが、好きな人にはたまらないんですよね(^_')b

…やっぱり、雪が溶けたらふきのとう味噌作ろうっと…。
posted by kina at 19:53| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年04月24日

お餅を常備しておくと?

ご飯を炊いてないけどお腹がすいてるけど買い物に行けない、あるいは行きたくない時ってあると思うんです。
そういう時のために、kinaは乾麺(ほとんどうどん)を常備していますが…最近「お餅を常備しておくのもいいんじゃないか?」と思ったりしましたo(^-^)o
焼いたりレンジでチンしたら食べられますし、めんつゆがあれば、お雑煮にしたらいいんだし…。
パックに入っているものは、常温で長期保存ができるし、腹持ちだって良い。
保存用の食べ物としてはスグレモノの部類に入るのではないでしょうか。



「粗食でうれしいさしすせそ」としては、やっぱり玄米餅を紹介したいですね(^-^;
タグ: 保存 粗食
posted by kina at 22:26| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年04月10日

冷凍の野菜は便利♪

できればきちんと食べたいのが根菜類です。
でも…はい、手間がかかるんですよ。保存がめんどくさいんですよ(ぉぃ)。
そんなわけで、kinaは冷凍食品を活用しています。
これと鶏肉とめんつゆがあれば、簡単に筑前煮とか野菜の煮物ができます(*^m^*)

でも…中国ものも多いし…と思っていたら、やっぱり国産の冷凍野菜ミックスが良いと思うんですが…ありました♪



冷凍で保存しておけば、いつでもおいしい野菜の煮物が食べられます。

…でも、よく考えてみれば、里芋と蓮根は冷凍物を使って、ごぼうと人参は普通に生のものを、タケノコはこれから出回るから地のものを食べた方が良い気もします。
何はともあれ、おいしく野菜を食べましょう♪
posted by kina at 16:44| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年04月08日

やっぱり、わかめは三陸のがいいね!!

あの、くそにっくき東日本大震災から2年。
あの地震以降カットわかめが品薄になってしまったので、仕方なくkinaは中国産のわかめを使ってました。
三陸の状況があんなんです。
文句を言ったらバチが当たります。

…なんか固いし、おいしくない。
やっぱりわかめは三陸産のものが一番だぁぁぁ〜〜(/_;)…と痛切に感じていました。
地震のバカやろ〜。


というわけで、楽天にて三陸産のわかめを扱ってないか調べたところ…ありました!!



わかめがとれて、売れるところまできたんだ…と嬉しくなりました(/_;)
正直、復興まで20年くらいかかるでしょう。奥尻も神戸もそうでしたよね。
せめて、こうやってわかめを食べたり、おいしいわかめを紹介したりして、少しでも復興のお手伝いができたらいいなぁって思います。

三陸のみなさん、こうしておいしいわかめを売っていただいて、本当にありがとうございます。
posted by kina at 15:21| Comment(0) | 乾物・保存用の食品

2013年04月04日

湯葉を試してみたい。

現在、またもや奥薗 壽子さんの本にはまってるkina。
今読んでいるのはこの本です。



この中に湯葉の調理が出てまして…乾物でも湯葉は使ったことがないだけに、一度ぜひ使ってみたいな〜、と興味をそそられました。



お味噌汁に入れたり、炒り煮にも良いらしいのですが、kinaがやってみたいのは湯葉しめじo(^-^)o
病み付きになったらどうしよう?!なんて思いますが、試してみたいです。

おいしかったら、ご報告しますね♪


posted by kina at 10:23| Comment(0) | 乾物・保存用の食品